FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ちょっと江戸まで」とマフィンのためにちょっとcostocoまで・・・


徳川将軍のお膝元に広がる武士の町、江戸。



江戸は人間の掃きだめ。と言い表した浮世草子作家もいましたが、

武士を頂点としての色々な職業、様々な人々の活気と衰退。

心惹かれつつも暦やら時刻やら貨幣やらが、これが日本の話かよ?ととっつきづらいのが江戸時代。



でも興味はあるの・・・という娘さんにオススメしたいコミックがこちら。
全六巻で完結してます。
               ↓



舞台は「江戸開府から現代まで徳川政権が続いてたとして・・・な現代な江戸時代の日本」です

とはいえ、細かい部分までしっかりガッツリ江戸テイスト。

理解しづらいような部分には親切な図解もあって、途中で状況がわかんなくてモヤモヤ感とか、キャラクター成長ごとの人間関係(パワーバランス)がこんがらがって読み進めないといったストレスの無さが素晴らしいのです。

主要人物が武士なのでストーリーも武士目線ですが、農民や商人歌舞伎役者などの様々な職業の人々が現代テイストに画かれていて共感しやすいかと。


タイトルの「ちょっと」が現代のちょっとと感覚が違うのですが・・・


時短!時短!!の現代です。


そのあたりの「ちょっと」という心のゆとりというか、心の広さなんかも「ちょっと江戸から」より学べたと思います




               ↑
美味い・・・でもデカイ・・・二人家族にゃ多すぎる

昔友人宅で食したバナナナッツマフィンが忘られず、先日コストコデビューしましたが・・・。

次は家の冷蔵庫をアメリカサイズにして挑みたいものです。



うん。デカすぎなんだ。


「ちょっと」、ね



スポンサーサイト

甘いイタリアと激辛「母がしんどい」


イタリア定番チョコですね。
よくコンビニでも三個入りとか見かけますが、一度は大量に食べてみたいなぁ、と。
トリュフのクリームが美味です。
      ↓


イタリア好きらしい母に嫌がらせとしか思えないようなお弁当を押し付けられるシーンがしんどい・・・。
遠足弁当に衝撃に弱く水分の多いもので構成する意味がわからないよ
             ↓
【送料無料】母がしんどい [ 田房永子 ]

【送料無料】母がしんどい [ 田房永子 ]
価格:1,000円(税込、送料別)



「母がしんどい」は母子間でのモラハラを描いたコミックです。

ノンフィクションだけにリアルですが、シンプルなイラストで生々しい臭みは上手に覆い隠されてます。

とはいえ、見ていてやはりしんどいのですが・・・。

子育てしているというより、「ペット」扱いをしているとしか感じない母親の行動がヒドイ


作者の田房永子さんが、しんどい子供時代を経て親御さんと距離を置くようになるまでのお話ですが、現在進行形でモラハラを受けていると感じている方にはよい解決の一例になるのではないでしょうか。


 

疑問系しゃべりと「ワンダフルライフ?」



常に己に疑問を持っているためか、語尾が上がってしまうしゃべりが多いです。



「疑問系かよ?」

と言われて気付く無くて七癖しゃべり癖。




現在五巻まで出版されている「ワンダフルライフ?」ですが、途中の巻だけ読んでみても全然問題無しなわかりやすさ。

主人公は28歳の万年ダイエッターな小太りOL矢野さん。

常に恋人と幸福を求めてる・・・とはいえ「ハッピーマニア」のシゲカヨ並みのアグレッシブさも無く、明るくグジグジと周囲の女性陣にグチって生きてます。

イラストがシンプルで本来楽天的な主人公なので、グチっててもコミカルです


平和に生活できてて幸せなのは理解しつつのグチなので、深刻さは皆無。


このままじゃ何かヤバイのかも?

いつかは結婚しないといけないのかも?

いやいやその前に恋人つくらないといけないのかも?


微妙な年頃の女性らしい葛藤が疑問系にダダもれた生活が時にシニカルにも感じますが。


読後はたいていのコトが「ま、いっか?」と呟ける・・・はず?





誘惑と限界と「いっしょにねようよ」


murimuri.gif
      ↑
友人宅のオーリちゃん(本名オリゼー。猫だけど麹菌の名)の誘惑。

可愛いけど物理的に無理。

仔猫、可愛い。


私の口癖に「ちっちぇ~」てのがありますが、連発しまくりました。






                  ↑
こちらも、ぎゅうぎゅう空間で無理そうな表紙ですが一番好きな表紙なので・・・

一子(いちこ)もちっちぇくて可愛いなぁ。



     ↑
全・六巻で完結してます。


理由ありで家出した女子高生の一子を拾って帰ったのは、何故かお面をつけっぱなしの男の子・古白(こはく)。

奇妙な屋敷と奇妙な住人との同居生活のお話です。

ホラー要素もありますが、全然怖くはないと思います。

後半では「恋愛」要素が強くなってますが、全体的には「家族」要素のほうが強く、思春期の少年少女のデリケートな心を温かな目線で描かれていて、読後はほんわかした気持ちになれます。

主人公の一子みたいな娘がいたら嫁にしたいくらいに健気で痛可愛いんですよ。

ワガママのやり方が解らないくらいのイイ子なので、近くで見守る人たちのがキツイかもですが・・・。

幸せになってほしいと素直に応援したくなるキャラです。


他人に優しい気持ちを持ちたい時にオススメなコミックですよ~


稲荷神と「神様はじめました」



稲荷神社といえば、赤い鳥居と神使の白いお狐様がシンボル


お狐様が稲荷神だと長らく勘違いしていたのですが、この勘違いって江戸時代に広まっちゃったらしいです。

白狐は神の使いであり、眷属だとか


それじゃ祀られてる神様って誰なんだろう?と思いまして調べてみたら「食物神・農業神・殖産興業神・商業神・屋敷神」の神々がたでした。




    ↑
「神様はじめました」では主人公の女子高生・奈々生(ななみ)が人神として頑張っちゃうお話です。

白狐の元野狐・巴衛(ともえ)とのラブコメです。


神様としての仕事や他の神々との関わり方が面白いし、話が進むにつれてストーリーの伏線の仕掛けが効いてきます。

ツンデレ属性の巴衛が簡単にはデレないところもまた良し


アニメ公式「神様はじめました」

    ↑
初回は構成とopに馴染めずとまどいました・・・。

しか~し段々と気にならなくなりました。

動いている奈々生達が見られるだけで感謝です。

後半かなり原作の話をとばしてるので、アニメ見終わった後にコミック読んでも新鮮さは失われないですよ

オススメ乙女ゲーム
プロフィール

稜

Author:稜
IN貯蓄生活=NO我慢生活。
をモットーに楽しく節約してゆきたいアラフォー主婦です。
本(マンガ・小説・絵本etc)ロキノン・アニメ・猫好きな方、コメントいただけたら嬉しいです(。・____・。)ノ

ランキング参加中!クリックしてもらえたらかな~り喜びます。↓
ブログ王ランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
夢あり節約あり!    ポイントサイト
アンケートサイト
マクロミルへ登録
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。